MENU

アルコール依存症専門治療

Home > 入院のご案内 > アルコール依存症専門治療

「重度アルコール依存症入院病棟」の認定を千葉県下で第1番目に受けております。

あなた、もしくはあなたの大切な人に、こんな症状はありませんか?
  • お酒によって生活が次第に破綻してきている。
  • お酒に寄りかかる事は一時的な気晴らしにはなるが、結局その行為によって一層苦しい状況になる。
  • お酒を飲み続けるせいで、こころの健康が損なわれるばかりか、肉体の健康まで蝕まれてきている。
  • 自分自身にも他人にも嘘をついて、お酒を飲み続ける。
  • 二度と飲まないと、絶えず禁酒を試みるが、たいてい失敗する。
  • お酒を飲むことも、それをやめることが出来ないことに対しても、恥ずかしいという意識が常にある。
  • お酒に対して正確な判断が出来ない。

 

これらの症状が一つでも当てはまれば、あなたや、あなたの大切な人は、アルコール依存症だと考えることができます。アルコール依存症は本人の意思や性格によるものではなく、れっきとした病気です。
この病気の回復には非常な困難が伴いますが、有効な方法が一つあります。
それは同じくアルコール依存症から回復している仲間とともにいること、専門家から適切なサポートを受けること、そして何より、回復したいとあなたが心から願う気持ちを持ち続け”今日一日”お酒を断つことです。

 

もし、今これを読んでいるあなたが、もしくはあなたの大切な人が、アルコール依存症から回復したいと思い始めたら、一度訪れてみませんか?

 

 

アルコール依存症の入院治療

(1) 専門医の定期診察
(2) 抗酒剤の服用
(3)自助グループヘの参加

 

身体治療(離脱期)

長期の飲酒による内蔵等の疾患や手足の震え・発汗・幻聴・幻覚等を含んだ症状を治療し、身体的な健康を取り戻します。

(ARP)リハビリプログラムヘの参加

院内ミーティングや断酒会・勉強会で病気に対する理解と自己洞察を深めます。
また、この時期に院外の自助グループヘ参加をお勧めします。女性プログラムも豊富に用意しております。

退院準備

自分にあったプログラムを設定し、行動に移していきましょう。ケースワーカーが協力致します。
当院のアルコールデイケアに参加するプログラム編成も可能です。

 

 

お問い合わせ

[総合受付] 047-446-8100/ FAX:047-446-8101

アルコール問題でお困りの方は、こちらまでご連絡ください。